ちょっと一息、仕事の合間に健康お届け

仕事を一息休むときに読める、便利な健康情報をお届けします!何気ない疲れの解消方法がわかるかも!?

種類によって対処が違う!?頭痛の対処法とは?

f:id:oooshiro:20140529070834p:plain

前回は頭痛の種類をお伝えしました!
今回はその対処法をお伝えします!!!

ただ、頭痛が酷い場合は医師にかかることをお勧めします。
何か別の病気が原因の場合、脳の病気であることが多いので要注意ですよ!

ここでは「医師にかかるほどではない」「時間がない」人の対処法をご説明します。
頭痛は種類によって対処法が異なるので、前回の記事を参考にして、
ご自身がどの種類の頭痛なのかを知って下さいね!


片頭痛はとにかく休む!

◯起こったときの対処法は??
1、休む
片頭痛は、動くと痛みます。対処として、静かな部屋で横になり安静を保ちます。
1時間程度眠ることも効果的です。長時間眠ると逆効果になることもあるので、注意して下さい。


2、 冷やす ※温めたら逆効果ですよ!
片頭痛では頭の血管が広がっているので、頭の後ろや額を保冷パックや氷などで冷やすと効果的です。
温めてしまうと血管が広がるので、痛みが増すことがあり注意です!

定期的に頭痛が起こる人はアイスバッグ↓を持っていれば対応がしやすいです。

氷がない場合は水を入れるだけでも冷やすことができるので便利ですよ!


Finoa(フィノア) アイスバッグスノーM 10502

◯予防するには??
予防するために、注意することを挙げますね。
・ 眩しい光やうるさい音
・ 寒暖の差 ※お風呂の出た後に注意!
・ 睡眠のとり過ぎ
・ 食べ物  ※ワインやアイス、チョコレートに注意!
・ 過度のストレスからの解放
・ 不規則な生活


などがあります。気にする点が多いですね!ですが生活習慣に注意し、
日ごろからストレスをためないようにすることが大切だといえます。

自分がどんなときに発作が起こるのか知っておくと予防しすいですね。


■緊張型はストレスのコントロールをしよう!

緊張型頭痛は、精神や身体のストレスが原因です。
ストレスとためないように注意することや、リラックスしてストレスを解消することが大切です。


身体のストレスに対しては…
・ 正しい姿勢、適度に休んで肩や首の緊張を和らげる
・ 目が疲れないようにする(記事参考)

精神の緊張に対しては…
・物事を前向きに考える思考を身につける
・自分なりのストレス解消方法を探す


ことが重要です。
入浴やストレッチ、軽い運動は精神面や身体面どちらに対しても有効な方法なのでおすすめです!

緊張型頭痛と片頭痛はこのように対処法が大きく違います。
どちらの頭痛なのかを知らずに、対処をすると症状がひどくなるかもしれないので
注意して下さいね!!


群発頭痛は医師にかかりましょう

群発頭痛は原因が不明で、症状も激しいため医師にすぐかかることをお勧めします。

発作が起こらないようにする対処法として...
・ お酒を飲まない、たばこは吸わない
お酒やたばこは頭痛を誘発することが多いです。
群発頭痛の発症期間中は禁酒禁煙を徹底しましょう!

・ 深呼吸する
群発頭痛の前兆にあくびが出ることが多いです。
深呼吸をして新鮮な空気を吸うことで発作を抑えることができます。

また、痛みだした場合は...
・温め、入浴は避ける
入浴などで身体が温まると血管が広がります。
血管が広がると頭痛は酷くなるため、注意して下さい!

・ 冷やす
上の逆ですね!冷やすことで血管が縮まるので、痛みが和らぎます。
氷や保冷パックで冷やすようにしましょう!

・ 酸素の吸入
純粋な酸素を吸うことが最も効果的だといわれています。
とはいえ、酸素を持っている人はいませんよね?
頭痛が起こったら頭痛外来で酸素を吸入させてもらいましょう。
事前にどこで吸入ができるのか知っておくことが大切です!


いかがでしたか??
ご自身の頭痛の種類をしってそれに合わせた対処をすることですよ!

次回は頭痛薬を使った対処法をご説明します!!

 

■この記事を読んだ方にはこんな記事もおすすめ!

f:id:oooshiro:20140518214606j:plain正しく使わないと危険??頭痛薬の危険性と選び方とは?? 

 

f:id:oooshiro:20140518215554j:plain頭がだるい、重い!原因と対処法は?? 

f:id:oooshiro:20140518211951j:plainその頭痛、本当に偏頭痛??勘違いしやすい頭痛の種類と症状

 

■参考になったらいいね!やブックマークを!

いいねで応援をしていただけるとがんばれます!!参考になった、役に立ったと思った方はいいねやブックマークで応援して下さい!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

■気に入っていただけたらTwitterRSS登録を!

このブログでは今後も健康に関する情報を発信していきます!今後も情報を受け取りたいと思っていただければ下より情報を受け取って下さい!

  follow us in feedly