ちょっと一息、仕事の合間に健康お届け

仕事を一息休むときに読める、便利な健康情報をお届けします!何気ない疲れの解消方法がわかるかも!?

長引く咳喘息を治すには?意外なものが薬の代わりに!?

f:id:oooshiro:20140529065958p:plain

前回の記事では、風邪の後2-3週間咳が続く病気、「咳喘息」についてご紹介しました。今回の記事ではそんな咳喘息をどう予防したら良いのか?咳喘息なってしまったらどのように治せばいいのか?についてご紹介をします。



■咳喘息を予防するには??


咳喘息は息の通り道である気管支に炎症が起こり、息が通りにくくなってしまった(収縮している)状態です。

なので咳喘息を予防するには気管支の炎症を起こさないようにする、つまり刺激をあたえないように注意することが重要になってきます。


咳喘息の代表的な予防として考えられるのは...


1、風邪を予防する      

咳喘息は風邪の後にもっともおこりやすいといわれております。
今のような季節の変わり目に、風邪をしっかりと予防することが大切になってきます。

咳喘息が起こりやすい人は風邪の度に起こることが多いです。そのような人は特に、風邪の予防を徹底しましょう!



2、ストレスを解消する    

ストレスは神経の緊張を起こし、気管支を収縮させてしまいます。ストレスをためすぎると息がつまるなんてよく聞く話ですよね?

気管支が収縮すると、息が通りにくくなり、その結果咳が出やすくなります。
ストレスをためない、もしくはストレスを解消することはとても重要であるといえます。



3、アルコールの摂取を避ける 

アルコールが咳に関係があるのは少し意外ではないでしょうか?
アルコールは体内に入ると、アルデヒドという物質に変えられます。この物質が気管支を収縮させ、咳を起こしやすくするといわれております。

付き合いでのお酒などなかなか避けることができないアルコールですが、量を減らすなど意識をしてみてはいかがでしょうか?



4、たばこの煙を避ける    

これはイメージ通りですね。たばこの煙に含まれる物質は、気管支を刺激し、炎症を起こします。もちろん喫煙者じゃない人も、他の人が吸ったたばこの煙を吸わないように気をつけましょう!

たばこは咳喘息だけでなく、他の気管支の病気の原因にもなるので要注意です。

 


■咳喘息はどうやって治すの?


安静にしていれば治ることもありますが、薬での治療が一般的になります。

注意してほしいことですが、咳止めは効果がありません!
内科に行って咳止めを処方され続けて、いっこうに咳が治らないという友人が私の周りでも多いです。

専門の医者でないとただの風邪だと勘違いされることも多いので、長引く咳は呼吸器を専門にしている医師ににかかることをお勧めします!

咳喘息は気管支が炎症を起こし、狭くなっている状態なので、炎症をおさえる薬や気管支を広げる薬を処方してもらいましょう。

一般的な薬を以下に紹介します。


1、気管支拡張薬      

名前の通り気管支を広げる薬です。炎症によって狭くなった気管支を広げることで、咳がでるのを抑えられます。飲み薬や吸入のするタイプの薬があります。

 

 

2、ステロイド       

あまりよくないイメージを持つ方がいるかもしれませんが、正しく使えば非常に効果のある薬です。気管支の炎症を抑えてくれる薬です。吸入するタイプでは副作用もほとんどなく安心して使うことができます。


以上の二つが一般的な薬です。咳喘息は薬を正しく、医師にいわれた期間を守り服用することが重要です。
咳がおさまっても完全に治っていなければ、再び咳が出始めます。焦らずにしっかりと治していきましょう!



最後に、私が以前に咳喘息にかかったとき効果があったあるものを紹介します。


それは…

 

 

コーヒー 

f:id:oooshiro:20140518095537j:plain

 

です!

コーヒーに含まれるカフェインは気管支を広げる働きがあるのではないかと言われております。私が以前咳喘息になったとき、コーヒーを飲むと咳が落ち着き楽になりました。
ただ、友人の場合は効果がなかったので、人によりけりということかもしれないです。

ですが、一度試してみる価値ありです!

 

 

AGF マキシム レギュラーコーヒー ドリップパック ちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャルブレンド 100P

 

 

 ■参考になったらいいね!やブックマークを!

いいねで応援をしていただけるとがんばれます!!参考になった、役に立ったと思った方はいいねやブックマークで応援して下さい!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

■気に入っていただけたらTwitterRSS登録を!

このブログでは今後も健康に関する情報を発信していきます!今後も情報を受け取りたいと思っていただければ下より情報を受け取って下さい!

  follow us in feedly